名刺というのは、業者に作ってもらうこともできますし、自分で作ることもできます。時間がない人は業者に作ってもらえばいいですし、時間がある人なら自分で作ってもいいでしょう。自分で作ったほうが、安くできますし、オリジナリティーがあるものに仕上がります。ですから、時間があるなら自分で作ってみてもいいのではないでしょうか。名刺作成をするためには、パソコンとプリンターを使うのが一般的な方法です。盲点になっていますが、手書きでも名刺は作ることができます。パソコンで打った文字を見慣れている人が多いですから、手書きだと新鮮です。名前を憶えてもらうには、むしろ手書きがいいかもしれません。時間はかかりますが、プリンターのインク代もかかりませんから経済的です。字は特別上手でなくてもかまいません。丁寧に書くことを心がければ、きっと良い印象を持ってもらえます。

印象に残る名刺作成の重要ポイント

名刺は基本的にシンプルな物ですが、そのシンプルな中に個性を出すことで相手に対して印象づけることが出来ます。例えばフォント一つとっても印象は大きく変わります。二種類のフォントを使うことで真面目さと柔らかさの両面を見せることが出来ます。しかし、あまりに多くの種類のフォントを使うと美しく見えないこともあるので注意が必要です。使う色によっても印象が変わります。個性を出せる色合いにすることは有効ですが、見やすさを保つことが前提となります。フォントや文言で個性を出して、あえて色合いはシンプルな物にしておくという方法もあります。最近では加工を施した名刺作成を行ってくれる業者もあります。加工の代表的な例としてはエンボス加工があります。エンボス加工では普通の名刺とは少し違う手触りとなるので、相手の印象に残りやすいといえます。

名刺作成をプロの業者に頼む理由

現在は、パソコンをほとんどの人が使えるようになりました。昔は名刺作成というと、必ず業者に頼んでいましたが、今ではソフトなどで名刺を作れるようになったことから、名刺作成を自分でやってしまう人も増えてきました。しかしながら、現在でも名刺作成はプロの業者に依頼することがおすすめです。いくつかの理由がありますが、一番大きな理由は、仕上がりが全く違うということです。パソコンで名刺を作れると言っても、印刷するのは家庭用のプリンタです。印刷機というのはクオリティを一番左右するところですので、業者が使用する業務用の印刷機で仕上げた名刺は全くクオリティが異なります。名刺は自分の代わりに営業をしてくれる、いわば顔のようなものと言えます。しっかりと人の印象に残るようなもの。良いイメージを与えてくれるものを選ぶべきです。

ショップのポイントカードに便利な二つ折りカードも各種サイズを取り揃えております。 封筒の刷込み印刷の大量注文も承っております。 高級感のある立体的に仕上げたエンボス名刺もおすすめです。 一般はがきも豊富な加工をお選びいただけます。 水に強い防水・耐水素材のカードも承っております。 各種素材や大きさが分かる、うれしいサンプル請求ができます。 1万円以上のご注文で送料無料。 名刺作成の専門サイトなら【ADPRINT】